カツラは修理に出す事も出来ます

カツラは様々な種類がありますが、その値段は高額で、大体40万~80万という価格です。ですが毎日使う物ですのでいくらお手入れをしていても傷んでくるのは当然の事。また高いお金を払ってあたらしいカツラを買う前に、カツラを修理に出してみてはどうでしょうか。購入するよりも何分の一かの値段で新品同様の仕上がりになるかもしれません。カツラ自体の毛が抜けてきた、自分の髪の毛に白髪が増えたのでカツラもそれに合わせたようにしたい、ネットが破れてしまった、などにも専門の修理屋さんが対応してくれます。インターネットやお電話で申し込みですので手続きも簡単です。料金も明確で一律にしている所もあり安心です。カツラに少しでも傷みを発見したら修理に出していけば、より長く使い続ける事ができるのではないでしょうか。

カツラの種類にはどんなものがあるのか

カツラは大きく分けて3つに分類されます。薄毛をカバーする目的の男性用カツラ、薄毛カバーとファッションの為の女性用カツラ、病気の為髪が抜けてしまった人の為の医療用カツラです。カツラは元々は髪が薄くなってきた人のための物ですが、最近では薄毛を気にする女性や、もっとボリュームを出したい、ヘアスタイルを変えたい、という方も気軽にカツラを使用します。この場合ウィッグと呼ばれています。医療用カツラは抗がん剤の影響や、円形脱毛症などの病気により脱毛してしまった方向けなので、通常のカツラよりも肌に優しい素材や作りになっています。また、かぶるタイプの全体カツラ、部分的に使用する部分カツラがあります。女性も男性もボリュームを出したい場所に部分的にカツラを使う部分カツラが一番需要が高いです。

ベストなカツラの買い方や装着する方法

カツラの買い方には、自分の頭の形、元々の髪質、髪の色、毛の量に合わせてより自然で頭にフィットするものを作るオーダーメイド、元々できあがっているものを自分の頭の形や髪質などに合わせて調整するセミオーダー、元々できているものをそのまま購入する既製カツラ、という3種類があります。もちろん値段はオーダーメイドが一番高く、既成カツラが一番安くなります。装着方法は2タイプです。留め具やテープで装着する着脱式と、カツラのベースに地毛を接着したり、地毛に糸を編み込みカツラを結び付ける連続装着式です。着脱式は自分で簡単に取り外しできるので地肌も洗えますが就寝中は外しておかないとなりません。連続装着式はシャンプーもそのままでき、就寝中もつけたままにできますが、一か月に一度カツラメーカーで取り外しメンテナンスが必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.